外資系の会社へ転職したい!!英語での面接の対策とは?

英語面接ではどんなことを見られるの?

外資系の会社へ転職したいと考えているなら、面接は英語で行われると考えた方がいいでしょう。英語面接では何を見られているのかというと、面接官が外国人の場合、外国人の上司としっかりコミュニケーションが取れるかどうかをチェックされることが多いです。コミュニケーションが取れることを確認した上で、仕事内容を理解しているか、知識がしっかりあるのかも確認されます。

求められる英語力とは?

求められる英語力は応募職種によってレベルが異なります。上級レベルを求められている場合は、英語でコミュニケーションを取れることを前提に、英語でどう言った言い回しができるのかをチェックされます。また英語でのビジネスマナーもきちんとできているかどうかも確認されるので、その点もきちんと対策を練ることが大切です。ビジネスレベルの英語が求められている場合は、英語でコミュニケーションが取れることに加えて、自分の言葉で自己紹介や経歴を語れるかどうかもチェックされます。ただし、上級レベルのようにネイティブレベルの英語力を求められているわけではないので、英語がよく聞き取れなかった場合は、聞き直しても大丈夫です。このように求められる英語力は応募職種によってレベルが異なるので、自分が応募した職種はどのくらいのレベルの英語力が必要であるかをよく理解してから応募するのがいいでしょう。その上で、面接日当日までに英語面接の練習や英文履歴書の見直しをきちんと行うことが大切です。

外資系の転職が注目されているのは、それだけ多くの関心が寄せられているからといえるでしょう。グローバル社会の台頭が背景にあることも事実です。