タクシードライバーの求人でチェックすべきこととは

転職先を選ぶ時は求人を細かくチェックすることが大切

全く同じ仕事だったとしても、働く場所が違えば給料、待遇、働きやすさというのは大きく変わってきます。「こんなはずじゃなかった」という転職後のギャップを回避するためには、求人票をよく確認することが最も大切になるでしょう。タクシードライバーの求人の選ぶ時のポイントとは、何なのでしょうか。

歩合率が多い会社を選ぶ

タクシードライバーは、売り上げによって給与が変わる歩合制を採用しています。ただし、同じ歩合制であっても、歩合率はタクシー会社によって異なります。タクシードライバーは収入が安定しづらいので、安定した生活を大事にしたい人は、歩合率ができるだけ高い会社を選ぶようにしましょう。ただ、歩合率が高すぎる場合、基本給が少な目になっている可能性もあります。完全歩合制じゃない場合は、歩合率だけでなく基本給もしっかりとチェックしなければなりません。

事故補償をしっかりとしてくれる会社を選ぶ

常時安全運転ができればいいですが、長時間運転で疲労が蓄積させると、信号を見落としたり、業務中にウトウトしたり、ハンドル操作に正確性を欠いたりして、事故のリスクが高まります。重大な事故を起こした場合、相手や自分の人生を棒に振るうことに繋がってしまうかもしれません。事故への補償の仕方は、歩合率と同じでタクシー会社によって大きく変わります。求人を探す時は、できるだけ広くて厚い補償がある会社を選ぶことが大切です。情報を公開していない求人もあるので、その場合はタクシー会社のホームページで確認したり、専任コンサルタントに聞いてみたりするのが良いでしょう。

ドライバーの求人はタクシードライバーにトラックドライバーやバスドライバーなど、様々な求人があります。