外資系転職に向いてるのはどんな人?どの職種でも語学力は必要?

海外留学や海外駐在の経験がある人は長く活躍できる

外資系転職は、収入アップやキャリアアップなどの点で大きな魅力があり、国内の多くの転職希望者の間で注目が集まっています。たとえば、海外留学や駐在の海外経験がある人は、外資系企業の中途採用試験の際に高く評価してもらうことができ、採用後に自分の力を生かせる職場で働きやすくなっています。特に、国内外の企業で英語を使って営業やマーケティングなどを担当したことがあれば、面接の際にうまくアピールをすることで、基本給や手当などの面で優遇してもらうことも可能です。なお、外資系企業が求める英語力は、職種や配属先などによって異なるため、スムーズに転職活動を進めるうえで、採用試験を受ける前に人事担当者に話を聞いてみると良いでしょう。

専門性の高い職種は必ずしも英語力が重視されない

外資系企業のITや機械、医療など専門性の高い職種に就く社員は、必ずしも英語力を重視されないため、英語が苦手な人も積極的に転職にチャレンジをする価値があります。また、企業によっては専門職の社員を対象に定期的に語学の研修を実施したり、外部の勉強会やセミナーの受講費用をサポートしたりしているところもあり、働きながら語学力を高めることも可能です。外資系転職における語学力の必要性については、それぞれの企業の公式サイトや求職者向けに配布される資料などに記載されることもあります。そのため、語学力に不安がある人は、余裕を持って志望企業の方針や各部署の社員の働き方についてリサーチをすることがおすすめです。

外資系転職の情報は専門性が高い転職サイトだけに掲載されていることが多々あります。これは外資系企業の多くが即戦力となる人材を至急、欲しているのが理由です。