初めての期間工!どのように選ぶのが良い?

住み込みか、自宅から通うか

期間工は、工場をフル稼働させる際の人材補充のようなものなので、基本的に24時間動いています。期間工として働く際は日勤だけでなく夜勤もあると考えた方が良いです。日勤と夜勤を交互にこなすということで、期間工は住み込みになる可能性が高いです。急な体調不良などで欠勤があった場合は休日出勤になる場合もあります。住み込みで働く場合は時間の経過と共に慣れますが、やはり自宅から通えた方が心身共に休まります。まずは自宅近くの工場で期間工を募集しているか調べて、なかった場合は住み込みを検討するという流れが理想的です。

どのように働き、どれくらい稼ぐか

日勤と夜勤が交互にあるのはどの工場でも同じですが、どのようなサイクルで働くかはそれぞれ異なります。例えば五連勤した後に二連休という場合もありますし、三連勤したら一日休みというケースもあります。休日の過ごし方も仕事を続ける上で大切な要素なので、自分に合いそうな場所に応募するのが良いです。当然ながら出勤日数が多くなればそれだけ稼げますし、休みが多ければあまり稼げません。自身の経済状況や体力などを確認して、ベストな選択をしたいものです。

正社員になれるか否か

期間工とは言っても、その仕事に携わる中で著しく成長する人材もいます。そのような人材は期間工が終わった後に正社員として働ける可能性があります。ただ、会社側が最初から正社員登用の可能性を閉ざしている場合は正社員になれません。正社員登用の可能性がある場合は会社側もその旨をアピールしているので、積極的に挑戦したいものです。

期間工の募集は寮や食堂が完備されているケースが多く、衣食住にかかるコストを抑えられます。反面、仕事内容は単純作業が多く、技術習得には繋がりにくいため、スキルアップを目指している人は注意が必要です。