安定した運転でキャリアアップするためには

専属運転手はどんな仕事?

運転業務は様々な形態で行われますが、その中でも専属運転手として勤務する業務は属人的な専門性を問われる場合があり、相性によってはとても良い環境で働くことができます。VIPや何らかの高い役職の人は専属で運転手を雇う場合があり、ルートや時間帯といったよくある知識だけではなくかなり柔軟な思考や経路探索が必要です。業務そのものもその人の移動に合わせてすべてついて回ることになるので、場合によっては時間も不規則になります。

相手が決まっているのでクオリティとやりがいアップ!

乗せる人物が決まっているということは、そのためのもてなしや好みの運転などを見極めながら運転することができます。これは不特定多数を乗せることが多い乗務とは大きく異なる点です。また、高級車を扱う環境も多いので良い車を運転する楽しみを得られるのもポイントです。タクシーやハイヤーなどの運転で物足りなさを感じる、よりサービスとして集中させたいという場合などには、経歴を携えた上で転職を検討するのも良いかもしれません。

専属になるまでは派遣も

専属の場合は直接雇用となり契約を結ぶというケースも少なくないですが、相手も素性が分からない状況で契約するのは難しいという場合が少なくないです。そのため、まずは一定期間や臨時などの運転手業務を受けて売り込んでいくというのも手段と言えます。相性が悪い相手ではどのみち長く続けていくのは困難になりますし、ちょっと乗せただけでとても気に入られて相性が良いというのであればそれが縁になるということもあるからです。

運転手の派遣を探すとき、仕事内容をしっかりと確認することが大切です。日勤だけでなく、夜勤の仕事もあるので事前に確認しましょう。