外資系企業ってどんなところ?転職を考えている方のために解説します!

外資系の意味について知ろう!

転職活動を行なっていると頻繁に目にする「外資系」という言葉ですが、まずはこの「外資系」という言葉の意味から押さえておきましょう。外資系とは、海外の法人もしくは個人が一定の割合以上出資していることを指します。海外の企業が日本に設立した会社のことも外資系企業と呼びますが、日本の企業との共同出資によって設立された会社のことも外資系企業と表す場合があります。また、近年増えてきていますが、海外の企業が日本の企業を買収し、経営先が海外の企業へと変わった場合にも外資系企業と呼ばれるようです。ひとえに外資系企業とは言ってもさまざまなルーツがあるので、それを知ることも転職先を考える際には重要なことになります。

日本の企業とは異なる外資系企業の特徴

日本の企業と大きく異なる外資系企業の特徴として、評価制度が挙げられます。外資系の企業は日本の企業とは違い、完全実力主義の考え方が取り入れられています。そのため、日本の企業の場合だとある程度は年功序列で昇進することが出来ますが、外資系の企業だと成果を得ることが出来ていない社員が昇進することはほとんどありません。それどころか入社後にこれといった成果を挙げることが出来ていなければ解雇されることもあります。日本の企業とは違い、終身雇用ではないという点も知っておかなければいけないでしょう。

また、英語のスキルが必要になる場合もあります。外国人と一対一で英語で話すという場面はあまりないかも知れませんが、メールや資料は英語で書かれていることも多いようです。企業によって求められる英語のスキルは違うので、外資系企業へ転職を考える際にはどの程度のレベルの英語力を求められるかの確認は必須だと言えるでしょう。

外資系求人は語学力はもちろん過去のキャリアが重要視されます。どんな専門知識があるかや、アピールできる成果を分かりやすく伝えることがポイントです。